NMB沖田彩華、地元ファンに選抜入り報告「やっと言えます」

[ 2016年1月30日 17:34 ]

大阪市内で舞台あいさつした(前列左から)矢倉楓子、渡辺美優紀、山本彩、白間美瑠(後列左から)太田夢莉、渋谷凪咲、薮下柊、須藤凜々花、沖田彩華

 NMB48の沖田彩華(20)が30日、大阪・なんばの映画館でNMB初のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」(監督舩橋淳)の公開2日目あいさつを行い、地元ファンに初の選抜入りを報告した。

 同作の終盤で選抜入りを告げられる場面があるが、公開まで口外できず、山本彩(22)から「やっと言えますね!」と祝福され、「10月ぐらいに聞いてから皆さんに言いたくて、言いたくて」と笑顔。第1期生ながら選抜経験がなく、遂にかなった念願。「5年間頑張ってきてよかった。これから恩返しできたら」と、喜びを爆発させていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年1月30日のニュース