ダレノガレ明美 ベッキー騒動で「迷惑してる」後釜狙いも宣言

[ 2016年1月30日 13:05 ]

写真集「ENJO」発売記念イベントに登場したダレノガレ明美

 タレントのダレノガレ明美(25)が30日、都内でファースト写真集「ENJO」(集英社)の発売記念イベントを行った。炎上タレントとして名高いダレノガレは、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動の渦中にいるタレント・ベッキー(31)について触れ、「炎上枠取られちゃいました。迷惑してますね」とニヤリと笑った。

 ベッキー休業については「ベッキーちゃんを超える子はいないし、そこの座にはいけないと思う」と称えながらも、「空いた席には座らせていただきます。オファーがあるなら。イヤミじゃなくて」とキッパリ。

 先日、スピードワゴン」小沢一敬(42)のツイッターに、ベッキーのスクープが掲載された「週刊文春」を新幹線で熟読する姿を激写されていたことをツッコまれ、「文春読んでいるところ撮られて恥ずかしい」と顔を赤くしながらも「でも私らしい。話題になってたらチェックしたいじゃないですか?」と笑った。ベッキーが同誌を「センテンススプリング」と呼んでいたことにも触れ「最初、どういう意味なのかわからなかった。頭がいいな。知恵が違うなと思いました」と感嘆していた。

 不倫について話が及ぶと「不倫はダメですよね。私はないです。彼女がいる人も好きになったことない。冷めちゃう」と冷静。しかし、騒動後に「貯金をするようになりました。ケチになりましたね。違約金が怖いので」と明かし、笑いを誘った。「さすがに違約金はないと思うけど、炎上タレントなので迷惑かけた方への謝罪のプレゼント代は貯めておかないと」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年1月30日のニュース