安倍首相もSMAP存続喜ぶ「良かった」

[ 2016年1月19日 10:30 ]

 メンバーの独立問題で揺れた人気グループ「SMAP」が存続の見通しとなったことについて19日、安倍晋三首相が「多くのファンの方々の願いに応えて、グループが存続することは良かった」と述べるなど、政界からも歓迎の声が上がった。

 首相は参院予算委員会で「政治の世界もそうだが、同じグループが長年続く上においては、さまざまな課題もあるのだろう」と気遣った。菅義偉官房長官は記者会見で「国民に夢と希望を与え続け、さらに活躍してほしい」と語った。

 遠藤利明五輪相は会見で、SMAPが2020年東京パラリンピックに関するPR活動に協力していることを踏まえ「これからも応援してもらえれば、パラリンピックは一層盛り上がる」とエールを送った。中谷元・防衛相は「存立危機を脱したことは、国民にとって良かった。雨降って地固まる。雪降って絆固まる」と強調した。

 加藤勝信1億総活躍担当相は「国民にいろいろなところで歌われる曲を持っている。大変うれしいニュースだ」と述べた。石破茂地方創生担当相は「(存続が決まり)良かったという多くの国民の思いを、メンバーや関係者がどう受け止めるかだ」として、今後の活躍に期待感を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月19日のニュース