ドン・ヘンリー沈痛…フライさんは「兄弟のような存在だった」

[ 2016年1月19日 11:10 ]

「イーグルス」のグレン・フライさんとドン・ヘンリー=2013年11月撮影(AP)

 米ロックグループ「イーグルス」の創設メンバーで、リーダーを務めたグレン・フライ氏が18日、関節リウマチ、急性潰瘍性大腸炎、肺炎といった複数疾患の合併症のため、米ニューヨークで死去した。67歳だった。

 「彼は自分の兄弟のような存在だった。ほとんど家族といっていい。最後はいくつかの機能障害を抱えていたんだ」と悲報に肩を落としたのは、フライ氏とともにグループを創設したドラムのドン・ヘンリー(68)だった。

 「イーグルス」は1971年に創設。「ホテル・カリフォルニア」など、数々のヒット曲を世に送り出したが、「すべては彼が点火役となって始まった。解散していた時期もあったが、同じ夢を持った若者2人が45年前に結んだ絆が消えることはなかったよ」とヘンリーは振り返る。

 その後も、ポピュラー音楽への知識が広く、仕事への意識が高かったこと、そして、何より家族思いであったとフライ氏について語るヘンリー。「私は今後も彼とともに歩んだ人生を感謝するだろう」と続けると、最後に「安らかに眠れ。あなたは自分の思い通り、いや、それ以上のことをやってのけた」と故人へメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月19日のニュース