グレン・フライさんに追悼の声「死神には休んでいて欲しかった」

[ 2016年1月19日 12:55 ]

亡くなった「イーグルス」のグレン・フライさん (AP)

 米ロックグループ「イーグルス」の創設メンバーで、リーダーを務めたグレン・フライ氏が18日に死去した。

 まだまだ活躍する姿をファンは望んでいたが、関節リウマチなど複数の疾患による合併症により、67歳でその人生に幕を閉じた。この訃報を受け、数々の著名人が自身のツイッターで哀悼の意を表した。

 映画監督で俳優のロブ・ロウ(51)は「彼は私の人生の“サウンドトラック”を作ってくれたといっていい。これまで出会った中で最高にすばらしい人物の一人だった。(ショックで)打ちのめされている」とツイート。また、映画「セッション」で主演を務めた俳優のマイルズ・テラー(28)は「最高の声を持つミュージシャンの一人で、ロック・ミュージックに貢献した人物がこの世を去った。安らかに眠れ」とフライ氏を追悼した。

 音楽界からはロックグループ「モトリー・クルー」のベーシストで、リーダーのニッキー・シックス(57)が声を発信。「すばらしい歌の数々、そして力強い歌詞に感謝しているよ。畜生…、死神には少しの間だけ休んでいて欲しかったな…」と独特の表現で偉大なアーティストの死を悼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月19日のニュース