「このままの状態だと空中分解」も…キムタク中心にSMAP存続

[ 2016年1月18日 22:56 ]

SMAPの騒動を伝えるスポーツニッポン

 分裂危機にあったSMAPのメンバー5人全員が18日放送のフジテレビ系列「SMAPXSMAP」に生出演し、一連の騒動について謝罪。今世紀最大とも言える芸能騒動はグループの存続という形で決着した。

 この日の放送では番組の一部を変更。冒頭にファンのメッセージを流した後に5人が登場したが、真ん中に立ち、最初に口を開いたのは当初からジャニーズ残留のスタンスを貫いた木村拓哉(43)だった。

 木村は「先週からSMAPのことで世間をお騒がせしました。そして、たくさんの方々にたくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、きょうは自分たち5人がしっかり顔をそろえてみなさんにご報告することが何より大切だと思いましたので、本当に勝手だったんですが、このような時間をいただきました」と生放送に至った経緯を説明。

 さらに稲垣吾郎(42)香取慎吾(38)中居正広(43)草なぎ剛(41)が発言した後に「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いします」と締めくくった。

 今回の騒動は、育ての親と言われる女性マネジャー(58)がSMAP独立を画策したが、失敗。同調したメンバー4人は行き場を失った。木村が15日、ジャニーズ事務所の幹部に直接電話をかけ、グループ存続を直訴。木村の電話後に事態は好転した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月18日のニュース