羽田圭介氏がジョニデなり切り求愛 春香クリスティーン「怖い、怖い」

[ 2016年1月18日 20:06 ]

米映画「ブラック・スキャンダル」の試写会トークショーに登場した(左から)春香クリスティーン、羽田圭介氏、ハイメ

 芥川賞作家の羽田圭介氏(30)が18日、都内のホールで行われた米映画「ブラック・スキャンダル」(30日公開)の特別試写会のトークショーにゲスト出演した。

 米俳優ジョニー・デップ(52)主演で、ギャングとFBIと政治家が組んだ実際の汚職事件を描くサスペンス。羽田氏は革ジャンにサングラスという、完全にデップをイメージした格好で登場し、「共感はできないけれど、格好良さで見せていて見事。ジョニー・デップの中で一番いい。“パイレーツ・オブ・カリビアン”なんかどうでもいいや」と毒舌交じりに絶賛した。

 タイトルにちなみ気になるスキャンダルを聞かれたが、「他人のことなんてどうでもいい。周りの人間は関係ないじゃない。何で関心持つの?」とそっけない。だが、共演した春香クリスティーン(23)が、番組で公開告白した放送作家の山際良樹氏と交際5カ月で分かれたことを聞くと、「相手は誰ですか?何歳ですか?1年回ってなら分かるけれど何で5カ月で別れちゃったんですか?」と一気に食いついた。

 羽田氏はかねて身長の高い女性がタイプと話しており、春香が1メートル69だと分かると「いいっすねえ?」と“熱視線”。そのあまりのアプローチぶりに、春香は「怖い、怖い、怖い」とおののいていた。

 また、写真撮影ではデップのモノマネで知られるハイメ(36)が現れ、羽田氏は「2人もいたらボケちゃうでしょう。1人で良かったんじゃないですか」とクレーム。しかし、デップが同作の役づくりで頭髪を抜いていたため、いったん控え室に戻り似たようなカツラをかぶって再登場するパフォーマンスで対抗意識を燃やしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月18日のニュース