平松愛理、阪神大震災復興支援ライブ 21回目1・17「新たな船出」

[ 2016年1月18日 07:50 ]

復興支援ライブで熱唱する平松愛理

 シンガー・ソングライターの平松愛理(51)が17日、21回目となる阪神大震災の復興支援ライブ「1・17 KOBE MEETING 2016」を神戸市内から出航するクルーズ船「コンチェルト」内で行った。

 生まれも育ちも神戸市で、須磨区の生家が震災で全壊したが「震災の年(95年)に生まれたベビーが昨年、成人式を迎えた。20年で一区切り」と回想。1997年に始めて以来、初めて海上が舞台となった理由を「新たな船出ということで海から再スタートしたい」と説明し、力を込めた。

 ステージ上では観客240人を前に「美し都」「部屋とYシャツと私」など11曲を熱唱。「午前5時46分にはテレビを見ていました」と語り、震災発生の瞬間が今も忘れられないことをうかがわせた。

 また、今まで会場はすべて神戸市内だったが「これから形が変わっていくかもしれない」と東北地方や東京、大阪開催も視野に入れていることを吐露。「みなさんに来ていただきやすい日にしたいという気持ちの方が強い」と震災の起きた1月17日にこだわらず、来年以降は週末開催に変更する可能性も示唆した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年1月18日のニュース