神奈月、笑瓶ヘリ搬送の様子明かす…退院連絡なし「命の恩人なのに」

[ 2016年1月18日 06:41 ]

神奈月(左)と笑福亭笑瓶

 ものまねタレントの神奈月(50)が17日、都内で行われた「2016年用年賀お年玉くじ抽せん会」に女優の河北麻友子(24)とゲスト出演し、昨年12月29日に笑福亭笑瓶(59)と千葉県内でゴルフをプレーした際、笑瓶が胸に痛みを訴えドクターヘリで病院に搬送された時の様子を語った。

 神奈月によると、笑瓶はまず「背中が痛い」と訴えたという。その後しばらくして「息苦しい」と言って動けなくなったため急いで救助を要請。介抱しているとドクターヘリが到着。「ヘリが降りてくるときは映画みたいだった」と語った。

 笑瓶は14日に千葉県内の病院を退院。周囲にはLINEなどを通じて自身の体調について「大丈夫、心配せんとって」などと伝えているという。ただ、神奈月には御礼のメッセージが届いていないようで「僕は命の恩人なのに連絡がない」と冗談でダメ出し。「また一緒にゴルフをしたいですね」と一日も早い回復を祈った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月18日のニュース