「μ’s」南條愛乃、紅白出場を辞退「晴れ舞台に相応しい実演が困難」

[ 2015年12月28日 13:12 ]

「第66回NHK紅白歌合戦」出場歌手発表会での「μ’s(ミューズ)」

 人気アニメ「ラブライブ!」の声優9人組ユニット「μ’s(ミューズ)」のメンバーで声優の南條愛乃(31)が大みそかのNHK紅白歌合戦の出演を辞退することを、28日、所属事務所の公式サイトで発表した。

 南條は以前から膝の故障を抱えており、所属事務所は「かねてより罹患している『膝蓋骨亜脱臼』および『半月板損傷』につきましては、日々、医師の指導によるリハビリとトレーニングを重ねておりますが、現在もなお、症状そのものは継続しており、医師より、膝に対する負荷の大きな運動を禁じられている状況です」と膝の状態を説明。

 続けて「この状況を踏まえ、本人、医師、関係各所との協議を重ねた結果、『ラブライブ!』のステージとして、紅白歌合戦という晴れ舞台に相応しい内容の実演(激しいダンスによる、ステージパフォーマンス)が極めて困難であると判断いたしました」と出場辞退を決めたことを報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月28日のニュース