浦和・柏木 TBS佐藤アナと結婚!来春にも婚姻届提出へ

[ 2015年12月28日 05:30 ]

結婚することが分かった浦和の柏木(右)とTBSの佐藤渚アナウンサー

 浦和の日本代表MF柏木陽介(28)がTBSの佐藤渚アナウンサー(28)と結婚することが27日、分かった。関係者によると、来春にも婚姻届を提出するという。癒やし系美人アナのサポートを得て、ハリルジャパン期待のレフティーがさらなる飛躍を目指す。

 日本代表としての評価を高めている柏木の活躍の裏には、癒やし系美人のサポートがあった。

 関係者によると、2人はすでに結婚することを周囲に報告している。現在準備を進めている段階で、婚姻届の提出は来年春ごろになりそうだ。

 佐藤アナはTBS「あさチャン!」(月~金曜前5・30)に出演中。朝の番組にふさわしい爽やかな笑顔が人気のアナウンサー。宮城学院女子大生活文化学科卒で家庭科の教員免許を持ち、特技が裁縫と料理という家庭的な一面がある。

 局内では、真面目な仕事ぶりが高く評価され、バラエティーから報道まで幅広く活躍。12年2月のW杯ブラジル大会アジア3次予選の中継では司会を務めた。スポーツは夕方のニュース番組「Nスタ」(12年3月~13年9月)で担当し浦和の試合にも足を運んでいる。

 知人は「日本代表や浦和の取材などで顔を合わせるうちに、2人は同じ年齢ということもあって意気投合したようです。交際は数年前からだと思います。お互いに人柄に引かれたと聞いています」と話す。

 柏木は日本代表のハリルホジッチ監督も期待するレフティー。鋭い戦術眼と正確なパスを持つ司令塔で、サポーターからは「浦和の太陽」と呼ばれている。ザックジャパンとして優勝した11年アジア杯ではトップ下だったが、浦和では昨季からボランチに転向し、存在感を増した。

 8月の東アジア杯の日本代表メンバーには選出されたが、ケガで離脱。しかし、10月の中東遠征で再び選出され、イラン戦で3年8カ月ぶりとなる国際Aマッチのピッチに立った。友人は「その間の気持ちの支えとなったのが佐藤アナ。おっとりして優しい癒やし系の彼女の存在が大きかったようです」と語っている。11月の東南アジア遠征でも引いた相手に対し、鋭いパスで存在感を発揮していた。

 柏木はW杯ロシア大会について「自分にとって(最初で)最後のW杯」と出場へ強い意気込みを示している。心強い伴侶を得て、大舞台での活躍を狙う。

 ◆柏木 陽介(かしわぎ・ようすけ)1987年(昭62)12月15日、神戸市生まれの28歳。広島ユースから06年にトップチーム昇格。同年6月に現浦和のペトロヴィッチ監督が就任し、若手の積極起用もあってレギュラー定着。07年のU―20W杯では背番号10をつけ、派手なパフォーマンスなどを行う「調子乗り世代」の主力として活躍した。10年に浦和に移籍し、小野(現J2札幌)らがつけた背番号8を継承。J1通算276試合45得点。国際Aマッチ通算7試合0得点。1メートル76、73キロ。

 ◆佐藤 渚(さとう・なぎさ)1987年(昭62)11月7日、宮城県仙台市生まれの28歳。4歳ごろから仙台のモデル事務所に所属。宮城学院女子大時代には日本テレビ「恋のから騒ぎ」にも出演。2010年にTBS入社。「はなまるマーケット」「サンデーモーニング」などに出演。好物はギョーザ。身長1メートル61。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月28日のニュース