「東京女子流」小西彩乃が卒業、引退…今後は4人で活動継続

[ 2015年12月28日 03:02 ]

「東京女子流」から卒業、芸能界引退を発表した小西彩乃(2010年撮影)

 女性5人組「東京女子流」の小西彩乃(18)が28日、グループを卒業し、芸能活動から引退することを同グループの公式サイトで発表した。小西はデビュー5周年ライブ後の今年6月から活動を休止していた。グループは4人で活動を継続するとしている。

 小西は公式サイトにメッセージを寄せ「今年に入り、どんどん前へ突き進んでいこうとしてる女子流に私はついていける自信がなくなっていました」と活動休止前から悩んでいたことを吐露。休止中に時間をかけて熟考した結果「同じ夢を目指して頑張っていける自信がなく、4人がこれからもっと上を目指していこうとしてるのに、私がこんな中途半端な気持ちでやっていくのは申し訳ないし、足を引っ張るだけじゃないかと思い、今回の決断をさせてもらうことになりました」という。

 残るメンバー4人も連名のメッセージを掲載。「彩乃には、戻ってきてほしいと思い、活動を4人でも続けてきましたが、彩乃が抜けることになってしまい、ファンの皆さんや応援していただいている皆様に、申し訳ない気持ちです」と謝罪。「彩乃とも話し合いをして、悲しかったですが、ここで終わりたくなく、4人になってしまっても、東京女子流として活動を続けていこうと決めました」と決意をつづっている。

 東京女子流は2010年に結成され、同5月にCDデビュー。12年12月には初の武道館単独公演を開催した。今年5周年を迎え、今月23日には5枚目のアルバム「REFLECTION」を発売したばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月28日のニュース