MISIA3年ぶり「紅白」出演 戦後70年企画、長崎から中継で

[ 2015年12月8日 10:29 ]

大みそかのNHK紅白歌合戦出場が決まったMISIA

 NHKは8日、大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)に戦後70年特別企画として歌手のMISIA(37)が出演すると発表した。紅白出演はナミビア共和国から出演した2012年以来3年ぶり2度目。故郷・長崎からの中継を予定している。

 MISIAは今年8月、同局の戦後70年特集番組「いのちのうた」に出演し、長崎市の小学校を訪問。「戦争や原爆の記憶を語り継ぎたい」と子供たちと語り合い、平和への新たにした。同局を通じてコメントを発表し、「世界はいまだ混沌の中にあります。戦後70周年のこの企画で、伝統ある紅白歌合戦に再び参加できますことを、大変光栄に思っております。2016年が平和で良い年となりますよう心を込めて歌います」としている。

 MISIAは初出場した12年には、紅白史上初めてアフリカから中継で出演。気温50度を超えるナミビア共和国のナミブ砂漠から代表曲「Everything」と復興メッセージソング「明日へ」を約6分間かけて歌い上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年12月8日のニュース