「下町ロケット」今年の連ドラ視聴率1位 「あさ」は「あま」超え

[ 2015年12月8日 05:30 ]

「下町ロケット」の主演を務める阿部寛(C)TBS

 6日に放送されたTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第8話が、平均視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。3月18日放送のテレビ朝日「相棒season13」最終回の20.3%を上回り、今年の連続ドラマで1位。瞬間最高視聴率は終盤の22.4%で、人工心臓「コアハート」の臨床試験の患者の容体が急変した場面だった。

 また4日放送のNHK連続テレビ小説「あさが来た」が平均27.2%(同)を記録。「あまちゃん」の最高視聴率27.0%、「花子とアン」の同25.9%を抜いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年12月8日のニュース