後藤真希 第1子女児出産で号泣「あの感動は本当に宝」

[ 2015年12月8日 13:09 ]

誕生した女児と2ショットを披露する後藤真希

 元「モーニング娘。」メンバーで歌手の後藤真希(30)が7日午後4時31分、第1子となる3235グラムの女児を出産した。8日、自身のブログで報告し、「出てきてくれた瞬間嬉しくて、感動して、達成感もあって、号泣 あの感動は本当に宝」と喜びをつづった。

 後藤は予定日を過ぎても本陣痛が訪れない状態であることをブログで明かしていたが、7日午前10時23分の更新では「とにかくnow!!!」とつづり、陣痛が始まったことを示唆。それから約6時間後の出産となった。

 ブログで「遂に遂に!!可愛い女の子を無事に出産する事が出来ました!」と喜びを爆発させた後藤は「陣痛っていうのは本当この世の痛みでは無い!って本気で思いました」と産みの苦しみも告白。「陣痛MAXの時は、もうむりむりむり!!!お腹きってください!!!痛い痛い痛い!!!なんて何度も叫んでしまった」と振り返り、その声が病院の駐車場まで届いていたと姉から知らされていたことも明かした。

 「10ヵ月以上の期間を私の中で共に過ごしてきてくれて、必死に痛みにたえて生まれてきてくれて、会えてすぐに元気な声を聞かせて安心させてくれて、なんて愛しいんでしょう」とベビーへの思いをつづり、「頑張ってアナタの幸せの為にいいママになれるように努力するからね」と良き母になることを誓っている。

 後藤は昨年7月に3歳下の一般男性と結婚。今年2月22日に挙式し、同6月には第1子妊娠を発表。8月には性別が女の子であることを明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年12月8日のニュース