「偽装の夫婦」9日最終回 殻にこもる女性役「役柄の理解者に」

[ 2015年12月8日 11:18 ]

笑顔でインタビューに答える天海祐希
Photo By スポニチ

 天海祐希(48)主演の「偽装の夫婦」(9日後10・00)で主人公のヒロ(天海)は、同性愛者の超治(沢村)に結婚を持ちかけられ、承諾。両親に死なれ、叔母夫婦の家で育ったヒロは殻に閉じこもって生きてきたが、自由に生きる超治と過ごすことで人間的に回復。2人は離婚して新たな生活を始めようとするのだが…。

 天海が過去に演じた女性とはほど遠い、心の中で他人に毒づくネガティブな性格だったヒロ。難しい役だったが「私はいつも演じる役柄の一番の理解者でいたいと思っているんです」と話す。ヒロの内面について「実はとても愛されているし、自身も愛情深い。そこをしっかり理解して演じました」と解説していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年12月8日のニュース