フジヤングシナリオ大賞「超限定能力」竜星涼が主演

[ 2015年12月8日 06:00 ]

「超限定能力」に出演する竜星涼

 野島伸司氏、坂本裕二氏ら数多くの脚本家を輩出した「フジテレビヤングシナリオ大賞」。第27回の受賞作は青塚美穂氏の「超限定能力」で20日深夜に放送される。

 あの人はどこで降りるのだろう、どうしてあんな表情をしているのだろう――。もし他人の降りる駅が見えたら…?そんな能力がある日とつぜん自分に備わってしまうという妄想をドラマ化。“超限定能力”を持った主人公・秋山舜太郎を演じるのはブレーク間近の竜星涼(22)。秋山の親友・斎藤宜秀役を太賀(22)が、ヒロインの橋田美雪役は永野芽郁(16)が務める。

 竜星は「“ヤングシナリオ大賞”というすごく大きな作品に主役という形で携わらせていただいたのですが、これは主人公が成長する物語なので、同世代の人たちにも、将来などちょっとないがしろにしていたことを見直すきっかけを提示できたらうれしいと思っています。みんなで一生懸命やっていますので、ぜひ見てください」と力を込めた。

 放送は深夜0時45分から(関東ローカル)。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年12月8日のニュース