×

「サザエさん」2代目フネ起用のワケ 新たな日本のお母さんに

[ 2015年9月18日 12:05 ]

46年間「サザエさん」でフネ役を務めた麻生美代子

 フジテレビは18日、同局のアニメ番組「サザエさん」(日曜後6・30)の10月4日放送分から、磯野家の母親フネ役の声優が麻生美代子(89)から声優の寺内よりえ(62)に交代すると発表した。

 麻生は1969年(昭44)10月5日の第1回放送から46年間フネ役を演じたが、年齢を考慮。制作スタッフと相談し、番組が47年目に入ることでバトンタッチが決まった。麻生は9月いっぱい出演し、27日の放送が最後になる。

 ▼フジテレビ・野崎理プロデューサー 放送開始から丸46年ずっとフネさんを演じ、日本の古き良きお母さん像を作ってくださった麻生さんに深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。そして、そんな麻生さんからバトンタッチをする寺内さんには、フレッシュな気持ちで全く新たなフネさんを演じていただければと思っています。オーディションにオーディションを重ねた結果、声の質やお芝居を拝見して、新たな「日本のお母さん」を演じてもらえるのは寺内さんがピッタリだと思い、2代目フネさんをお願いすることになりました。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2015年9月18日のニュース