フジ隊員 激怒もメフィラス星人と約半世紀を経て歴史的和解

[ 2015年8月23日 11:57 ]

「ウルトラ怪獣散歩 in お台場夢大陸2015」に出演し、歴史的和解を果たした(左から)メフィラス星人、桜井浩子

 女優の桜井浩子(69)が23日、都内で行われた「ウルトラ怪獣散歩 in お台場夢大陸2015」に出演。「ウルトラマン」第33話「禁じられた言葉」でメフィラス星人によって巨大化させられたフジ・アキコ隊員(桜井)が約半世紀ぶりに対面を果たした。当時を振り返り、怒りをあらわにした桜井だが、最後は歴史的和解となった。

 桜井は、当時を振り返り「(弟の)サトル君が幽閉されたり、色々と壊させられたり、撃たれたりして怖い思いをした」と心境を吐露。しかし周りからは好評だったそうで「(プロデューサーの)樋口さんは、私のことを巨大姉さんって呼んでいました」と懐かしんだ。

 また「ウルトラ怪獣大全集」に“巨大フジ隊員”として掲載されたこといついて「怪獣図鑑に載せられて、すごくムカついています。小学館ですよね。すごく失礼ですよね」と怒りをあらわにした。

 そんな桜井に対し、タジタジになったメフィラス星人は頭を下げて謝罪。しかし、それでは腹の虫が収まらない桜井に、メフィラス星人は土下座で謝罪。その姿を見た桜井は「許します」と笑顔を見せて握手。約半世紀を経て歴史的和解となった。

 さらに、メフィラス星人は桜井に番組へのゲスト出演を打診し、桜井はこれを快諾。しかし、怪獣が散歩する番組に人間が出演するのはいかがなものかと、怪獣たちがステージ上で大暴れ。これにメフィラス星人は「宇宙人同士で争うのは無益だ、自分は地球人の心に負けた」と名セリフを言って怪獣たちの怒りを沈め、ステージを後にした。
 
 「ウルトラ怪獣散歩」はフジテレビONEで放送されている新感覚お散歩バラエティー。ウルトラ怪獣が全国で街ぶらロケをする。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年8月23日のニュース