SHOW-YA寺田恵子 プリプリと確執あった!?「世の中可愛い方がいいんだ」

[ 2015年8月23日 15:22 ]

「SHOW-YA」のボーカル、寺田恵子

 女性ロックバンド「SHOW-YA」のボーカル・寺田恵子(52)が23日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演。かつて対立状態にあったといわれた同じ女性ロックバンドの「プリンセス プリンセス」との関係について明かした。

 SHOW-YAは1985年にデビューしたものの、しばらくはヒット曲も出ず、鳴かず飛ばずの状態だった。そんな中、1年遅れてデビューしたプリプリが先にブレーク。テレビの露出が増えていくライバルバンドを見つめながら「やっぱり世の中、かわいい方がいいんだな」と落胆することもあったという。

 しかしある時、自身の下着姿を鏡で見つめた時「めちゃくちゃ、かっこいい」。この瞬間をきっかけにハードロックで攻める過激な下着風コスチュームが完成。89年には「限界LOVERS」が大ヒットし人気を確立した。

 「ハード系のSHOW-YA」と「明るくかわいい路線のプリプリ」。両バンドの仲の悪さが報じられたことがあったが、実際は「ファンの同士で争っていたことはあったみたいだけど、自分たちは仲が良かった」と否定。互いのメンバー同士でディズニーランドへ遊びに行ったことなどを懐かしそうに振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年8月23日のニュース