LiLiCo アジャへのリベンジ誓う「どんどん鍛えて強くなる」

[ 2015年8月23日 16:41 ]

DDTプロレスリング「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」でアジャ・コング(左)に攻められるLiLiCo

 映画コメンテーターでタレントのLiLiCo(44)が23日、東京・両国国技館で行われたDDTプロレスリング「両国ピーターパン2015~DDTより愛をこめて~」に登場し、プロレスデビューを果たした。時間差入場タッグバトルロイヤルで、イケメン若手レスラーの宮武俊(24)とタッグを組み、アジャ・コング(44)組らと対戦。ラストの8組目として登場したLiLiCo組はリングにただ一組残ったアジャ・コング組を対決するも、宮武がアジャにフォールされ、プロレスデビュー初戦を飾ることはできなかった。

 対戦相手のアジャについて「デケーな。やたらとデカイ。驚くことにタメなんだよね、44(歳)のおばさん2人が戦ってたんですよ。みんな盛り上がってくれて、本当にありがたい。こんな光栄なことありますか」としみじみ。「長年やっていると強いよ、それは強いよ」とその強さを痛感しつつも「でも、あのベルトがほしいんだ。チャンピオンだと3カウント取られると奪われちゃうので、そういう状況でアジャは生きてる。本当にアジャがテレビ局とか行った時はマジで気をつけたほうがいい。テレビ局の廊下がマジで行くから」とアジャを挑発。「リベンジするよ。まず、アジャから(ベルトを)奪い取りますよ。なめてんのか、なんて偉そうに。今後はどんどん鍛えて、もっともっと強くなって、私の一番のライバル、弱い自分を消す!」と早々のリベンジを誓った。

 「LiLiCoはすべて本気です。全力です」と今後も全力でプロレスラーも芸能活動も続けることを宣言。「自分の名前を入れた技を生み出したいんです。芸能界の中でもマネージャーもなしで、自分でやりたいことをやる新しいジャンルを作った。プロレス界でも新しいものを…自分のTシャツとかデザインしたい」と構想をふくらませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年8月23日のニュース