獅童、母思い出す…絵本原作の新作歌舞伎「あらしのよるに」製作

[ 2015年7月15日 09:00 ]

歌舞伎公演「あらしのよるに」の製作発表を行った中村獅童(左)と尾上松也

 歌舞伎俳優の中村獅童(42)、尾上松也(30)らが14日、都内で行われた新作歌舞伎「あらしのよるに」(9月3~26日、京都・南座)の製作発表に出席した。

 人気の同名絵本が原作。獅童は02年にNHKEテレの朗読番組「てれび絵本」で同作のナレーションと全キャラクターの声優を務め、05年のアニメ映画でも主人公の声を担当。13年に死去した母・小川陽子さんが「てれび絵本」の仕事を周囲に自慢していたといい、「私のような不良少年が子供に読み聞かせをやらせていただけることを喜んでいた」としみじみ。

 5月に沙織夫人(31)と結婚披露宴を行ったが、「子供はまだです」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月15日のニュース