ロンブー田村淳、極楽山本の芸能界復帰に「背中を押してあげたい」

[ 2015年7月15日 22:21 ]

「35点男の立ち回り術」発売記念イベントを行った田村淳

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(41)が15日、都内で行われた自著「35点男の立ち回り術」の発売記念イベントを行った。

 同書は、自身を100点満点で35点と自己採点する田村が、乏しい才能を補うべく体得した「立ち回り術」を、悩める若者や社会人に向けて紹介した1冊。イベントは、公開会見として田村自らMCを務めて、集まった読者や報道陣からの質問に答える形式で行われ、写真撮影、動画撮影、SNSなどへの即時掲載や配信もすべてOKという条件で行われた。

 そんな中、報道陣から、極楽とんぼの山本が今後、どう立ち回っていけばいいかという質問をされた田村は「加藤さんと一緒に舞台に立たれたというのをニュースで見ました。僕にできることは本当に少ないと思うんですけど」と前置きをし、「だから良いとか悪いとかではないですけど、山本さんって不起訴なんですよ。でも世間のイメージって“若い女性を無理矢理に”みたいなイメージが付いちゃっていますが、まったく違って、女性が年齢を偽ったうえでそういう関係になってしまった。これをみんな知らないまま良いとか悪いとか判断しているのは、後輩として辛いと思っています。事実がそのまま伝えられないで判断されることってどうなんだろう」と吐露。

 さらに、喋りが止まらなくなった田村は「何かに向かって頑張ってもう一度やろうとしている人は、お世話になった先輩なので背中を押してあげたいし、一緒に番組で楽しいことができればいいなと思いますね。徐々に山本さんが頑張ってメディアに出てきてくれることを願っています」とエールを送り、「人間って過ちを犯すし、それをどう乗り越えて生きていくかというのを見せないなということを思うと、僕は応援したいって思います。皆さんがどういう風にとらえたか分かりませんが、一方的に反対としか言わないメディアよりは、賛否があったほうが健全かなって思います」と集まった読者に訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月15日のニュース