武田鉄矢 受験生激励 ジバニャンと共演熱望「他人のように思えない」

[ 2015年1月8日 17:40 ]

 「マルちゃん がんばれ!受験生 応援会2015」が8日、都内の予備校で開かれ、俳優の武田鉄矢とアイドルグループ「赤マルダッシュ☆」が、特別講義と歌で受験生たちを激励した。

 自他共に認める坂本龍馬ファンの武田は、「高知大学で龍馬の研究をしたかったが、不合格で福岡教育大学に入った」と自らの浪人時代のエピソードを紹介。

 「龍馬が俺のことを嫌って逃げていったんだと思ったけど、よくよく考えると、高知大に受かっていたら、『海援隊』は生まれてなかった」と語り、名曲「贈る言葉」を披露した。

 終始まじめに受験生に向き合っていた武田だったが、社会現象になったアニメ「妖怪ウォッチ」に、金八先生をモデルにした「ニャンパチ先生」が登場していることについて「最近、俺は子どもに人気があるんだぜ。金八先生は終了した作品だけど、猫に化けて生きている」と相好を崩して大喜び。

 主演した往年のドラマ「101回目のプロポーズ」の名シーンを引き合いに「ジバニャンはトラックにひかれて妖怪になったんでしょ。『僕は死にましぇん!』とばかりにトラックに突っ込んでいくなんて、他人のように思えない。チャンスがあれば会ってみたい」と、共演を熱望した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月8日のニュース