東出昌大 結婚後初の公の場「存分に毒気を出したい」

[ 2015年1月8日 05:30 ]

笑顔でポーズを取る東出昌大だったが同じポーズが続いて手が疲れて苦笑い

 俳優の東出昌大(26)が7日、都内で行われたフジテレビのドラマ「問題のあるレストラン」(15日スタート、木曜後10・00)の制作発表に出席した。

 元日に女優の杏(28)と結婚してから初めての公の場。真木よう子(32)が演じる主人公の女心をもてあそぶシェフ役で「存分に毒気を出したい」とやる気満々。新婚生活については語らなかった。

 真木は嫌いな男性のタイプを聞かれ「お金を無心する男」とポツリ。司会者から「経験がある?」と聞かれ「はい。厳しかったです」と苦笑しながら明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年1月8日のニュース