グレート義太夫 異物混入被害受けていた…天津丼に指輪

[ 2015年1月8日 21:19 ]

グレート義太夫

 日本マクドナルドをはじめ食品関連会社の“異物混入”が問題化する中、お笑いタレントのグレート義太夫(56)も過去に被害に遭っていたことを8日に更新した自身のブログで明らかにした。

 「異物混入と言えば…」と話題に上げ「随分前だけど夕飯を食べに行った近所の中華屋で(今はもう無い)「天津丼」を食べていたら、思いっ切り「固い物」が歯に当たった。吐き出すと、男物の「指輪」結構大きかったな」。

 義太夫はすぐに店員を呼び、混入の事実を告げたという。だが、店員の対応は驚くべきものだった。店員は厨房に向かって「お~い、あったあった、ここにあったよ!!」と、その指輪の持ち主である男性にまず報告したという。

 「あまりの出来事に驚いて怒る事も忘れてしまったよ…。まずお詫びだろう!!」と義太夫。「結局、新しい『天津丼』が来て、料金もタダだったんだけど、何となくイヤな気分だったよね…。やっぱりまず先に謝ると言うか、お金じゃなくて誠意を見せて欲しかったよね…」と振り返っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年1月8日のニュース