2年待った…国仲「子供産みたい」向井男の決意「これ以上待たせない」

[ 2014年11月21日 05:55 ]

結婚することが分かった国仲涼子と向井理

 俳優の向井理(32)が女優の国仲涼子(35)と結婚することが20日、分かった。来月、婚姻届を提出する。

 2人は2012年放送のフジテレビドラマ「ハングリー!」で共演して出会い、交際をスタート。当初から結婚を視野に入れた真剣交際だった。「2年ほど前にも結婚話があった」と関係者。ただ、大ブレーク中だった向井は当時、ドラマに映画、舞台と、休みがないほど引っ張りだこで、結婚は実現しないままになっていた。国仲は以前から「女性として子供は産みたい」と望んでおり、向井は「これ以上は待たせない」と決意。仕事が一段落する頃合いをみて、2年間の思いを結実させる。

 向井はバーテンダーからスカウトされ、06年にCMでデビュー。10年にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインの夫を演じて全国区になった。

 国仲は「ちゅらさん」のヒロインの好演でブレーク。清純なイメージでドラマを中心に活躍する一方、11年には写真集「COLORS」でセミヌードを披露し、イメージを覆している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年11月21日のニュース