TKO・木下隆行 軽度の顔面神経麻痺…ファン心配に「大丈夫」

[ 2014年11月21日 13:28 ]

「TKO」の木下隆行

 お笑いコンビ「TKO」の木下隆行(42)が10月末に軽度の顔面神経麻痺を発症した。21日、自身のツイッターで明らかにした。

 前日20日放送のテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に“USJ大好き芸人”として出演。口元の歪みなどに違和感を覚えたファンから心配の声が上がっていた。

 木下は「TVを見て心配してくださった方々すいません。僕、軽い顔面神経麻痺になっちゃいました。発症したのが先月の末で、すぐに病院にも行って今はだいぶ良くなってきて、目や鼻から、ちょっとずつ動いてきてます」と報告。

 「たくさんの心配コメント、本当にありがとうございます!」とファンに感謝。「僕は大丈夫です!」と心配無用を強調した。

 共演した「NON STYLE」井上裕介(34)は「おもしろさは、いつも通り完璧でしたので、大丈夫なはずっす!」とツイートした。

 顔面神経麻痺は、顔面神経により支配されている顔面筋の運動麻痺。原因が明らかな症候性顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性顔面神経麻痺に分類される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年11月21日のニュース