たかじんさん長女が提訴 百田尚樹氏の「殉愛」差し止め請求

[ 2014年11月21日 19:30 ]

やしきたかじんさんの闘病生活を描いた百田尚樹氏の新著「殉愛」
Photo By スポニチ

 1月に亡くなったタレントやしきたかじんさんの闘病生活を描いた百田尚樹さんのノンフィクション作品でプライバシーを侵害されたとして、やしきさんの長女(41)が、発行元の幻冬舎(東京)に出版差し止めなどを求める訴えを21日、東京地裁に起こした。

 訴状によると、長女はやしきさんと元妻との間に生まれた。百田さんはやしきさんと昨年10月に再婚した妻との闘病生活をまとめた「殉愛」を今月出版した。

 長女側は「再婚した妻側の話を無批判に受け入れた内容で、親族らに取材していない」と主張し、長女がやしきさんに金を無心するなど、確執があったように書かれているとして「事実に反した内容で父親への思いや名誉を傷つけられた」と訴えている。

 幻冬舎は「担当者がおらずコメントできない」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年11月21日のニュース