吉本興業、香港の2社と合弁 アジアで番組制作拡大へ

[ 2014年3月20日 21:38 ]

 吉本興業は20日、香港を拠点とする国際的なエンターテインメント企業「メディア・アジア社」「コンテンツランド社」の2社と、合弁会社を設立することで合意したと発表した。吉本興業は「中華圏や東南アジアでの番組制作事業拡大が主な狙い」としている。

 同社によると、「メディア・アジア社」は映画やテレビ番組制作、コンサートやライブの運営など多岐にわたり事業を展開する中華圏最大のエンターテインメント企業。「コンテンツランド社」はシンガポールやタイなどアジア各国のメディアと強固なネットワークを持っているという。

 吉本興業は「中華圏、東南アジアの各国に向けたコンテンツの制作と配給事業を、スピーディーに推進していきたい」としている。

 合弁会社の名称や拠点などは未定という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年3月20日のニュース