和田アキ子が“現実の巨人”に「これは私じゃない」

[ 2014年3月20日 16:45 ]

スマートフォン向けゲームアプリ「進撃の巨人―自由への咆哮―」新CM発表会で、巨大スマホから飛び出す“現実の巨人”和田アキ子

 歌手の和田アキ子(63)が20日、都内で行われたスマートフォン向けゲームアプリ「進撃の巨人―自由への咆哮―」新CM発表会に登場。“芸能界の巨人”こと和田が“現実の巨人”として同アプリの新CMキャラクターに起用された。

 和田に「似ている」として以前からアニメ「進撃の巨人」を番組などで取り上げてきた経緯があるものの、CM起用にはさすがの和田も驚いたようで「似てなくもないなって笑っていたんですが、CMが来るとは思わなかった」。アニメも鑑賞したといい、「巨人が人間を食っちゃうんですよ。これってイメージ的にどうなのかなって思ったけど、内容は面白くて引き込まれましたね」と笑った。

 CMはお笑いコンビ「カラテカ」の2人が焼き肉を楽しく食べているところに“現実の巨人”が壁の向こうから現れるというもの。「(カラテカは)演技しないでも私にビビってる。あれは素」。自身を表現した“現実の巨人”という言葉も「語呂合わせ的にも面白いからこれから使っていきたい。暗いニュースの中で面白いじゃないですか。私は気に入ってますよ。電話するときも名前を言わないで“現実の巨人”って言います」とすっかりお気に入りの様子。

 とはいえ「『進撃の巨人』と『現実の巨人』は別物ですよ!これは私じゃない」とあくまでアニメと混同しないように強調。「(現実の巨人と繰り返し)自分で言ってますけど、恥ずかしいことじゃないのかな」と我に返り、苦笑した。

 和田出演の新CM「現実の巨人 登場」編は21日より、「~走る」編は28日からオンエアされる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年3月20日のニュース