10回目命日前に…いかりや長介さん“最後のコント”初映像化

[ 2014年3月20日 05:30 ]

DVDボックス「ドリフ大爆笑」発売記念セレモニーでスクールメイツとポーズをとる(後列左2人目から)戸上浩・エクシーズ代表取締役社長、井上信悟・ポニーキャニオン取締役副社長、井澤健・イザワオフィス代表取締役社長、桐畑敏春・ポニーキャニオン代表取締役社長、吉村隆・ポニーキャニオン専務取締役

 04年に死去したザ・ドリフターズのいかりや長介さん(享年72)が出演していたフジテレビ「ドリフ大爆笑」で、いかりやさんが出演した“最後のコント”が初めて映像商品化された。

 いかりやさんがリーダーになって50年を記念したDVDボックス「ドリフ大爆笑」が19日に発売された。その目玉が、同番組の最後の新作コントとなる98年4月16日放送の「“母ちゃんただいま”だよ全員集合!!」。いかりやさんが和服姿の母親役の「母ちゃんコント」として親しまれたシリーズ。残りのメンバー4人が扮する兄弟の掛け合いから始まり、最後は金だらいが頭上に落ちる鉄板のオチで笑いを誘う。

 DVDボックスには他にも、第1回放送(77年2月8日)のオープニング映像や「志村けんのバカ殿様」「長介・工事・ブーの雷様」、石川秀美(47)堀ちえみ(47)ら当時のアイドルとの掛け合いなどお宝コントが満載。77年から21年間放送された4760本の中から厳選された67本が収録されている。

 発売日の19日は都内で記念イベントが開かれ、ドリフターズが所属するイザワオフィスの井澤健社長らが出席。20日のいかりやさん10回目の命日を前に「これほど大掛かりなセットを組んだコントは他にはなく、思いが深い。DVDが成功すれば本人も喜ぶと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年3月20日のニュース