愛之助“紅白初出場”を報告「今年も年末までガッツリ働きまぁす」

[ 2013年12月24日 16:15 ]

片岡愛之助

 大みそかのNHK紅白歌合戦(後7・15)のゲスト審査員に決まった歌舞伎俳優の片岡愛之助(41)が24日、自身のブログで「今年も年末までガッツリ働きまぁす」と改めて“紅白初出場”を報告した。

 愛之助は今年、歌舞伎はもとより、大ヒットドラマ「半沢直樹」でのオネェ検査官や、NHKドラマ10「ガラスの家」の政治家などその個性豊かな演技で話題を集めた。

 ブログでは「初紅白歌合戦出演\(^o^)/」と題して「と言いましても、歌う訳では無く審査員で出させて頂きます」と続け「今年も年末までガッツリ働きまぁす」とオネェ調子で楽しませてくれた。

 愛之助は26日まで本業の歌舞伎で京都・南座の「吉例顔見世興行」に出演し、正月2日からは舞台を東京に移し「新春浅草歌舞伎」と銘打った浅草の舞台に立つことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月24日のニュース