小林幸子 「母さん」島倉さん悼む「凛と歌う姿が鮮明」

[ 2013年11月8日 19:45 ]

 「東京だョおっ母さん」「人生いろいろ」などのヒット曲で知られる歌手の島倉千代子さんが肝臓がんのため75歳で亡くなった8日、歌手の小林幸子(59)が直筆ファクスで追悼コメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り。

 大好きな、かあさん「島倉千代子さん」の訃報を取材中に聞き、とにかく今は信じられません。島倉さんは、私のデビュー当時同じレコード会社の先輩で、それから50年のお付き合いでした。とても優しい方でした。そしてとても緊張をする先輩でした。

 本番前に「サチ」を呼んで!と言って、私が駆けつけると手を握って震えているんです。でもステージに出ると、何も無かったように凛(りん)と歌っている姿が今でも鮮明に覚えています。母さんから頂いたおそろいの指輪が宝物です。本当に突然でまだ気持ちの整理がつきません。母さん!ゆっくり休んでください。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース