石川さゆり 小1から島倉さんに夢中「妹のように可愛がって頂き」

[ 2013年11月8日 20:10 ]

石川さゆり

 「東京だョおっ母さん」「人生いろいろ」などのヒット曲で知られる歌手の島倉千代子さんが肝臓がんのため75歳で亡くなった8日、歌手の石川さゆり(55)がファクスで追悼コメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り。

 島倉さんの突然の訃報に接し、驚いているばかりです。

 熊本で行われたコンサートを母と共に拝見したのが、小学校1年制の時。色鮮やかな照明に包まれた舞台の中央に、凛(りん)としたお姿で歌われていた島倉さんに一瞬で夢中となった事、今でもしっかりと憶えております。私がデビューの後、その時の話をさせて頂いた際には、振り袖の御衣裳を頂戴するなど、妹のように可愛がって頂きました。

 近年、ご一緒する機会がなく、昨年末に偶然お会いしたのが最後となってしまいました。生涯現役でご活躍された島倉さん。残念な思いでいっぱいです。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース