ET―KINGが来年4月に活動休止 各メンバーソロ活動へ

[ 2013年11月8日 06:00 ]

14年4月29日の全国ツアー最終日をもって活動休止するET-KING

 ヒップホップグループ「ET―KING」が来年4月29日の15周年記念全国ツアーの最終日をもって活動休止する。8日にオフィシャルホームページで報告した。

 「ET―KING活動休止についてのお知らせ」として、来年3月に始まる15周年記念全国ツアーの最終日となる4月29日をもって「充電期間」に入る、と説明。

 メンバーからのコメントも掲載。結成15周年を迎えるにあたり「自分達に、この先何が出来るのか?7人で作る音楽の意味とは何なのか?いま一度グループとしての活動を見直し、また一から新しいET-KINGというものを作り上げていく、そんな時間が必要だという意見に達しました」と活動休止に至った経緯を明かした。

 活動休止中をグループの「成長期間」と位置づけ、今後は個人で活動を行う。ET-KINGとしての活動は行わず、「イトキンは生バンドとの演奏活動、TENN、センコウは他のアーティストへの楽曲提供も含めたプロデュース・ワークなど、メンバー7人それぞれが1アーティストとしてスキルを伸ばすための活動を行っていこうと思っております」とした。

 ET―KINGは1999年に結成。「愛しい人へ」、「ギフト」などで人気を集めた。MC担当のTENN(35)はSPEEDの上原多香子(30)と12年8月に結婚した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース