「膝痛めた」団長安田 バリィさんにも土下座サービス

[ 2013年11月8日 16:08 ]

「愛のくに 愛顔(えがお)のえひめフェスティバル」でバリィさんに土下座する安田大サーカス」の団長安田

 お笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田(39)が8日、東京・有楽町で開催中の愛媛県のPRイベント「愛のくに 愛顔(えがお)のえひめフェスティバル」でトークショー「しまなみサイクリングのススメ」を開催。芸能界きっての自転車フリークとして有名な団長が、同県今治市のしまなみ海道のサイクリングの魅力について熱く語った。

 ロードバイクを始めて7、8年という団長は「サイクリングは移動が運動になるし、脳の回転も良くなって、仕事の効率も上がる。それに、ロードバイクって足が細くなるんですよね」。しまなみ海道には団長自身も何度もサイクリングに訪れたことがあるといい、「サイクリストの間では愛媛県は自転車ってイメージがある。(しまなみ海道は)天気のいい日は真っ青で、すっごく気持ちいい。景色もきれい」と力説した。

 団長といえば、大ヒットドラマ「半沢直樹」で香川照之(47)が演じた東京中央銀行の大和田暁常務のモノマネで再ブレーク中。「行くところ行くところで土下座をしてって言われるから、土下座のし過ぎで膝を痛めた」と苦笑い。「(膝の状態は)あんまりよくないですね。自転車には影響はないですけど」と話し、この日も今治市の人気キャラクター、バリィさんにも土下座するサービス。「ゆるキャラに土下座したのは初めて」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース