海老蔵 若き利休より放蕩ぶりは上!?「僕はあんな程度じゃ…」

[ 2013年11月8日 06:00 ]

堺市内で会見した市川海老蔵 

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(35)が7日、堺市内で主演映画「利休にたずねよ」(監督田中光敏、12月7日公開)の会見を開いた。

 自身が演じた千利休の生誕の地での会見に、「さっきお風呂に入って、(利休は)この水で育ったんだなぁと思った」と笑顔。撮影で実際に使われた茶室のセットが展示される堺市庁舎21階の展望ロビーも訪れ、「わぁ、すごい」と堺の街並みを見下ろした。

 同作が父・故市川団十郎さんとの最初で最後の映画共演となったが、「(芝居を)戦わせられて楽しかった。映画を見た時は、“ああ、(父は)生きてたんだな…”と思った」としみじみ。劇中、若き利休の放蕩(ほうとう)ぶりについては、「僕はあんな程度じゃなかった、もっと激しく遊んでたと思う」と言って、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース