剛力彩芽と玉木宏が初共演!テレ朝金曜夜に「新コンビ」誕生

[ 2013年11月8日 19:50 ]

来年1月にスタートするテレビ朝日の連続ドラマ「私の嫌いな探偵」で初共演する剛力彩芽と玉木宏

 女優の剛力彩芽(21)と俳優の玉木宏(33)が初共演する。テレビ朝日の連続ドラマ「私の嫌いな探偵」(来年1月スタート、金曜後11・15、一部地域は放送時間が異なる)。「トリック」シリーズや「時効警察」シリーズなどユーモアミステリーと名コンビを生み出した金曜ナイトドラマに、新コンビが誕生する。

 「謎解きはディナーのあとで」などのベストセラー作家・東川篤哉氏の人気作「烏賊川市(いかがわし)シリーズ」が初の映像化。剛力はミステリーマニアの女子大生にしてお金持ちのビルオーナー・二宮朱美、玉木は朱美が所有するビルの一室に家賃1万円で事務所を構える探偵・鵜飼杜夫を演じる。漫才コンビのような2人の掛け合いが注目される。

 剛力は「私自身もミステリーは好きですし、ドラマもよく見るんです。朱美はすごく明るくてハチャメチャな子。考え方もすごく面白いので、そういう変わった子を、真面目におもしろく演じられたらと思います」と抱負。

 初共演の玉木については「さわやかでかっこいいイメージ」と語り「(その)玉木さんと金曜の夜に大笑いしていただけるようなドラマを作っていきたいと思います」と迷(?)コンビ結成に意気込む。

 玉木は初の探偵役に「探偵というのは、その職業柄あまり表に出てくることのない方々ばかりです。なので、どんなイメージか作りにくいのですが、台本を題材に楽しく作っていきたいと思います」を手ぐすねを引く。

 初共演の剛力については「すごく明るくて元気なイメージ。今回の朱美という役柄は、そんな剛力さんの良さが存分に発揮されるのではないでしょうか」と語り「コメディー要素の強い作品なので、2人でそんな空気感も出していきたいと思っています」と早くも息ピッタリの様子。

 脚本は「ミューズの鏡」「コドモ警察」などの福田雄一氏(45)が担当。同局の池田邦晃プロデューサーも「剛力さんと玉木さんがそれぞれ、今までどこにも見せたことのないような顔を見せてくださると思います。初共演となるお二人がどんな化学反応を見せてくれるのか、制作する側も非常に楽しみにしております」と2人の“新境地”に期待している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年11月8日のニュース