和田アキ子 勘三郎さんと森光子さん写真に大粒の涙「これ、泣いちゃうよ」

[ 2012年12月29日 19:07 ]

リハーサルで涙を流す和田アキ子

 NHK紅白歌合戦のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われ、36回目出場の和田アキ子(62)は亡くなった歌舞伎俳優の中村勘三郎さんと女優の森光子さんを追悼する意味を込めた演出で2人の写真を前に「愛、とどきますか」を披露する。

 「のりちゃん(勘三郎さんの愛称)とは(告別式の)27日の日にお別れをしたつもり。今回は2人のためだけに歌うつもりはないです。2人の写真は私はもちろん、重いですが、それがすべてではない」と話していたが、リハーサルでは、涙をこらきれない場面も。「これ、泣いちゃうよ。どうしよう…」と大粒の涙を流した。

 「今年で45周年に突入した。感謝感謝の1年だった。体調は満身創痍ですが、声は出ます。声が出る限り歌い続けたい」と和田。「マネージャーに言わせると、私に足りないのは自信と余裕らしいです。悔いのないように、歌い納めしたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月29日のニュース