徳永英明 坂本九さん目指す「あの譜割りでどこまで歌えるか」

[ 2012年12月29日 20:43 ]

 坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」を披露する徳永英明(51)は「団塊の世代の方たちを元気にしたかった」と選曲に込めた思いを告白。今年、NHKの番組で同曲のルーツを探るためアメリカへ旅をしたことがきっかけになったという。

 「(戦後に)あの曲で日本人のプライドを取戻した。アメリカ人も日本を見なおした」と話し、震災復興に取り組む人たちと姿を重ね「いろいろな人たちが元気にならないと復興にはならない」と力を込めた。「今回は坂本九さんの歌われたあの譜割りでどこまで歌えるかが、自分に与えられた仕事のような気がする」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月29日のニュース