きゃりーぱみゅぱみゅ 紅白前にのど快方に向かう「レッツ点滴」

[ 2012年12月29日 14:54 ]

紅白当日にサプライズを用意しているというきゃりーぱみゅぱみゅ

 喉の不調を訴えていた歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(19)が29日、NHK紅白歌合戦のリハーサルを終えた後、病院に行き「お医者さんにね、喉よくなってきてるって言われたよ。よかったよかった!レッツ点滴」と快方に向かっていることを自身のツイッターで報告した。

 25日には「喉から血がちょっと出た」26日には「喉が~~~。ぱない(ハンパない)」27日には「今日も点滴打ちにきた」と投稿し、体調面が心配されていた。

 前日28日には千葉・幕張メッセでライブイベント「COUNTDOWN JAPAN12/13」に出演。「喉のトラブルがありまして、今朝もお医者さんで点滴してきました。ところどころ声がかすれてしまうかもしれませんが、全力で頑張ります」と話し、新曲「ふりそでーしょん」などを披露していた。

 この日は紅白のほかに「日本レコード大賞」(30日)「CDTVスペシャル!」(31日)のリハーサルも。大活躍で駆け抜けた1年の締めくくり。万全の体調で本番を迎えたい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月29日のニュース