北島三郎 SKEから「サブちゃん!」若手とのふれあいが大事

[ 2012年12月29日 17:34 ]

今年で49回目の紅白出場となる北島三郎

 NHK紅白歌合戦のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われ、「風雪ながれ旅」を歌う49回目の出場となる北島三郎(76)が登場した。

 SKE48からは「サブちゃん」と呼ばれたといい、「かわいいよね。サブちゃんでいいだよ、頑張りな!って言ってきた」とご満悦。「急に76(歳)になったわけじゃなくて、今の若い人たちの時代もあった。その人たちから忘れていた大事なものをつけていくのも俺達の仕事かな。今も(司会の)嵐とも話してきたけど、見ているとうれしくなっちゃう。あの人たちの匂いが俺にくっつく。それでサブちゃんでいられる、そういうのがなくなったらダメですね」とほほ笑んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月29日のニュース