76歳北島三郎 金爆に「命かけて一生懸命やってもらいたい」

[ 2012年12月29日 17:30 ]

今年で49回目の紅白出場となる北島三郎

 NHK紅白歌合戦のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われ、「風雪ながれ旅」を歌う49回目の出場となる北島三郎(76)は「今年は北海道でもえらい雪も多いので、合ってるかなと。舞台も覚悟してくださいと言われたけど、どうせやるならばっときたほうがいい」と気合い十分だ。

 「いずれは終わる時もくるでしょうけど、ヨボヨボになって、みじめに終わるのは嫌ですね。まだ歌えるんでしょうけど、『祭り』も引退した。引き際はあるのかな」と美学を明かした。

 初出場メンバーを含め、「今年も知らない人の方が圧倒的に多い。気を遣う人も多いと思う」と北島。下ネタを連発したゴールデンボンバーにも「それなりにそのものに命をかけて、一生懸命やってもらいたい」とエールを送り、メンバーの樽美酒研二(32)が「サインが欲しい」と話していたことを聞かされると、「いいです、あげますよ」と満面の笑みを見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月29日のニュース