×

松坂大輔さんが語った今後の活動、思い 江川氏の「どの監督が一番?」の質問も

[ 2022年1月23日 21:57 ]

YouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」で対談した松坂大輔氏(左)と江川卓氏
Photo By 提供写真

 野球評論家の江川卓氏(66)が23日、自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に最新動画をアップ。昨年限りで現役を引退した松坂大輔さん(41)との「怪物対談」で、松坂さんが今後の活動について話す場面があった。

 江川氏から「今後どういう道を歩まれるか、みんな気になっています。どういう感じで考えられていますか」と話を向けられた松坂さんは「立場を変えてたくさん野球を見ていきたいと思いますし、日本の野球だけじゃなくて、他の国の野球文化も、もっと知りたいと思っています」と語った。「今こういう(コロナ感染が拡大している)状況なので、なかなか世界中行くというのは難しいことなんですけど、自分の希望としては、色々な国の野球を見てみたい。それを今までお世話になった日本の野球界、スポーツ界に何か還元できたらいいなと思っています。漠然とですけど」と続けた。

 「もし監督やるとしたら、どんな監督になりたいか」と江川氏に聞かれると、「どうしても、ピッチャー目線で考えてしまうかもしれないですね、打線を組む時なんかも。自分がピッチャーだったらこうされたら嫌だなということがベースになりますかね。あとはプロ野球なので、もちろん勝つことも大事なんですけど、ファンに魅せる、ファンの人に面白いと思ってもらえることも必要だと思う」と語った。

 最後に「今まで見てきた監督の中で、この監督は一番と思ったのは?」の問いに、松坂さんは「(選ぶのは)ちょっと無理ですね。みんなこういうところいいな、真似したいなと思うので」と話していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月23日のニュース