DeNA・三浦監督 初ブルペンのドラ1・小園を絶賛「俺とはモノが違う」

[ 2022年1月23日 05:30 ]

小園の投球を視察する三浦監督(右)と斎藤投手コーチ(球団提供)
Photo By 提供写真

 DeNAのドラフト1位・小園(市和歌山)が横須賀市の球団施設で行われている新人合同自主トレで初のブルペン入り。捕手を立たせて「5割程度」の試運転ながら見守った三浦監督に絶賛された。

 高卒新人としては早い1月中のブルペンデビュー。直球のみ30球を投じ「5割くらい(の力)と言われていたけど、いろんな方が見ていて少し力んだ」と苦笑いで振り返った。それでも豪快なフォームから捕手のミットに重い音を響かせ、最速152キロの片りんを披露。「最初のブルペンだったのでマウンドの感触、軸足のバランスを意識した」と冷静に語る18歳は今月中に変化球を交えた本格的な投球練習も予定する。

 同じ高卒入団の三浦監督も目を細めた。「迫力のあるボールを投げていた。1月22日にブルペンで立ち投げをできているだけで十分」と絶賛。この日は春季キャンプの1、2軍メンバーが発表され、沖縄・宜野湾の1軍スタートが正式に決まっただけに、指揮官は「俺は(1年目は)2軍キャンプだった。モノが違う」と期待する。

 素材は一級品。現時点では焦らせず、じっくりと育成する方針だが、この日の「快投」のように今後も節目で予想を上回る仕上がりを披露する可能性は十分だ。高卒新人投手の開幕1軍は13年の阪神・藤浪と二刀流だった日本ハム・大谷(現エンゼルス)以来で球団では投手登録だった89年の石井琢朗(当時・忠徳)以来33年ぶり。そんな快挙も、小園であれば夢ではない。(君島 圭介)

 ≪球団33年ぶり高卒投手の開幕1軍なるか≫高卒新人の開幕1軍入りを調べると、直近では19年の小園(広=内野)、藤原(ロ=外野)がおり、投手では13年の大谷(日=現エンゼルス)、藤浪(神)が最後になっている。また、小園(D)が所属するDeNAで高卒投手の開幕1軍入りは、大洋時代の89年石井忠徳(後の琢朗)までさかのぼり、前年の88年には野村弘(後の弘樹)も1軍入りした。なお、石井は開幕4戦目の4月13日広島戦でプロ初登板を果たしている。

 ◇小園 健太(こぞの・けんた)2003年(平15)4月9日生まれ、大阪府出身の18歳。貝塚一中では、硬式野球ヤングリーグ、貝塚ヤングに所属。市和歌山では1年春からベンチ入り。3年春のセンバツに出場し2回戦敗退。ツーシームが武器で変化球も多彩。風間(ノースアジア大明桜)、森木(高知)とともに「高校BIG3」と呼ばれた。1メートル85、90キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月23日のニュース