×

日本ハム・新人お披露目会 畔柳「将来1番をつけられるような選手に」書き初めで「一」

[ 2022年1月23日 05:30 ]

人文字を作る(左から)達、有薗、水野、阪口、畔柳、長谷川、北山、上川畑、福島、速水、柳川、マスコットのカビー、阿部 (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 新人合同自主トレが行われている千葉・鎌ケ谷で毎年恒例の「新人お披露目会」が開催された。卒業式で欠席したドラフト7位・松浦(大阪桐蔭)を除く12選手が817人のファンと交流。

 書き初めでは同5位の畔柳(中京大中京)が「一」としたため「やるからには1番を目指すのがモットー」と語った。新庄監督は自身の背番号1を背負える選手の誕生を願っており「将来は1番をつけられるような選手になりたい」と宣言した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月23日のニュース