×

阪神中継ぎ陣が勝負の秋に覚醒! 岩崎&スアレスだけじゃない! 6回馬場&7回一平の零封で流れ変えた

[ 2021年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6ー6巨人 ( 2021年9月5日    甲子園 )

<神・巨18>6回から登板する馬場(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 不安材料だった猛虎の中継ぎ陣が勝負の秋に覚醒した。6点差へ突き放された6回。一方的に思えた劣勢に、くさびを打ち込んだのは3番手の馬場だ。

 「点差はありましたが、0点で抑えるという役割を果たすことができて良かったです」

 先頭の代打・若林を低めの直球で見逃し三振。松原への四球で走者を背負っても坂本、吉川を続けて三ゴロに退けた。4試合連続無失点で終え、直後に一挙4点が入った。

 2点差に迫った7回は小川が中軸を含む打者3人を抑えた。岡本和を中飛、中島を投ゴロ。本塁打していた2人を封じ、丸からは高め149キロで空振り三振を奪った。

 「前の回に点が入っていたので、何としても0点で抑えるという気持ちで投げました」

 秋山が2回3失点、藤浪が3回3失点。序盤に勢いづいていた巨人の攻撃を食い止めたのが大きい。8回は岩崎、9回はスアレスが完璧につなぎ、終わってみれば6回以降は無安打に抑え込んだ。

 今回の3連戦は岩崎とスアレスの前に投げるブルペン陣がそろって奮闘。3日は岩貞が7回を無失点に抑え、4日も及川が7回2死満塁を切り抜けるなど、劣勢での力投が逆転や同点を呼び込んだ。

 3日間の計12失点は“第2先発”の位置づけだった藤浪を含めて先発陣のみ。大量の投手をつぎ込んでも逃げ切れなかった巨人とは対照的に阪神の救援陣は藤浪を除く延べ10人全員が無失点だった。優勝を争う残り39試合へ、確かな自信と手応えがブルペンに生まれた。(須田 麻祐子)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月6日のニュース