×

今年の阪神はひと味ちゃう 矢野監督目指す「全員野球」で猛攻撃 「諦めない、粘り強く」6点差追い付いた

[ 2021年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6ー6巨人 ( 2021年9月5日    甲子園 )

<神・巨(18)>7回2死一塁代打・糸井の同点適時二塁打で生還した糸原(33)を迎える阪神ナイン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 一人一人が誰も諦めない。まさに矢野監督が目指す「全員野球」の姿勢が、6点劣勢からの同点劇につながった。5回まで5安打を放ちながら無得点に抑えられたメルセデスが降板した直後。継投に入った宿敵に猛虎が牙をむいた。

 2発で先行を許した中、“意味のあるアウト”が本塁打なしの大反撃の原動力だ。6回無死三塁でサンズの遊ゴロが敵失を誘って、まずは1点。マルテが四球を選んだ無死一、二塁から糸原は代わったばかりの左腕・大江の外角スライダーをバットの先で拾った。遊ゴロでも二塁封殺のみ。一、三塁へ好機は広がり、大山の四球を挟んだ満塁から代打・原口の一打を呼んだ。

 さらに1死満塁から今度は梅野が4番手・畠の初球スライダーを二塁方向へのゴロで打ち返し、再び二塁封殺のみで3点目。転んでもただでは済まさない姿勢が、再びロハス・ジュニアの中前適時打につながった。

 7回も同じだ。敵失が絡んだ無死一、三塁の好機。糸原はフルカウントからデラロサの低めのチェンジアップに食らいつき、一、二塁間へ転がした。これも二塁封殺だけで、遊撃手の広岡は一塁へ転送できなかった。内野ゴロだけで地道に3点を挙げ、走者を進め、ジリジリとかけ続けた重圧が3日連続での巨人救援陣の攻略につながった。

 矢野監督は「うちの野球というか、諦めない、粘り強く全員で。そういう野球ができた結果、追いつけたかなと思います」と胸を張った。9年連続負け越し中の宿敵に本拠地・甲子園で見せた驚異の粘り腰。9回も2死満塁まで追い詰めた。今年の猛虎はひと味違うところを見せつけた白熱の首位攻防戦だった。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月6日のニュース