エンゼルス加入の日系捕手・スズキ 同僚・大谷の「投球を受けるのが楽しみだ」

[ 2021年1月23日 05:30 ]

オンラインでエンゼルスの入団会見に臨んだカート・スズキ

 エンゼルスに加入したカート・スズキ捕手が21日(日本時間22日)、オンラインで入団会見に臨み、大谷とのバッテリーを心待ちにした。「100マイル(約161キロ)を投げ、質の高い球種を豊富に持つ大谷に驚かされてきた。投球を受けるのが楽しみだ」と話した。

 ハワイ出身の日系3世で、ナショナルズからFAとなり年俸150万ドル(約1億5600万円)の1年契約を結んだ。正捕手のスタッシは昨年10月に左股関節唇の修復手術を受け、開幕に間に合うかは微妙で、大谷とスズキのバッテリーが増えることも予想される。

 「大切なことは投手を知ること。信頼を高め合うこと」とナ軍の19年ワールドシリーズ初優勝に貢献した37歳のベテランは対面を楽しみにしていた。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月23日のニュース